創立20周年記念誌 『波濤』第40号
会報「波濤」のぺージ
波濤第56号   波濤第55号   波濤第54号   波濤第53号   波濤第52号 
波濤第51号 波濤第50号 記念号  波濤第49号   波濤第48号   波濤第47号 
波濤第46号   波濤第45号   波濤第44号   波濤第43号   波濤第42号 
波濤第41号  波濤第39号   波濤第38号 波濤第37号 波濤第36号
 波濤第35号  波濤第34号    波濤第33号    波濤第32号  波濤第31号 
波濤第30号  波濤第29号  波濤第28号  波濤第27号   波濤第26号 
波濤第25号  波濤第24号  波濤第23号  波濤第22号  波濤第21号 
波濤第20号  波濤第19号  波濤第18号  波濤第17号  波濤第16号 
波濤第15号  波濤第14号  波濤第13号 波濤第12号  波濤第11号 
波濤第10号  波濤第9号  波濤第8号  波濤第7号  波濤第6号 
波濤第5号  波濤第4号  波濤第3号  波濤第2号  波濤創刊号 
『波濤』 創立10周年記念誌 特集号
      「波濤」の由来
                     (「波濤」6周年記念特集号より掲載)

                                            作者:須藤 威夫

 「名は体をあらわす」とか。「波濤」を広辞苑でひくと、大波とある。6年ほど前、放送大学神奈川支部で同窓会誌を発行することになった。
 その命名を一般募集したら、5つほどの名前があがった。「カモメ」、「ゆり」、「ブリッジ」等々であった。どうもすっきりしない。いまいちという役員達の評でなかなかまとまらない。発行期限はせまっている。
 「何かいい名はないかなあ」、役員5人思案するばかり。「万里の波濤をのりこえて」と小生がつぶやいた。「そうだ、波濤はどうだろう」と。 「あゝいいわね」と美人役員たちの賛成があった。 放送大学のシンボルマークのイメージとも合うし、「波濤」が同窓会誌名となった。 さざ波のような小さな同窓会活動を波濤で盛り上げよう。そして、波濤は世界の港、横浜とも縁がある。海は世界につらなり、ひらかれている。  
 「波濤」で社会に、そして世界にひらかれた教育を目指そう。というたいそうな願いもこめられている。